Home > スポンサー広告 > 巡り合わせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > 巡り合わせ

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://skc1911.blog119.fc2.com/tb.php/5-52789935
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 乙女座の計画表

Home > カメラ・写真 > 巡り合わせ

巡り合わせ

実際に様々な機種を手に取ってみると、
事前の思惑は大きく崩れ、
意外な出会いであったPentax機が私の心を大きく引き寄せる事となった。
店頭から一旦引き返し、Pentax機について調べてみると、
K-7は視野率100%のファインダー、マグネシウム合金のシャーシ、3.0型92.1万ドット液晶など、
小型のボディでも妥協は無いようだった。
手にしたときの剛性の高さとソリッドな感覚は錯覚ではなかったらしい。

Pentaxには現行製品としてK-xもある(2010年7月現在)。
後発のK-xは高感度撮影においてはK-7を上回るらしい。
100種類のカラーパターンを選択できる独自の展開は、
黒いボディ一辺倒のデジタル一眼レフ界隈において、
「自分色のカメラ」という所有の喜びを満たしてくれることだろう。

どちらにするかは悩んだが、
出会いの感触が一番の決め手となった。
こうして今手元にはK-7が収まっている。

img97679

使い始めてから約2ヶ月。
握ってしっくりと来るカメラを選択して良かったと思っている。
中指は然るべき所に収まり、安定感がある。
小指は底面に添えている。
全ての指でグリップを握りたい人には少々縦方向に短いかもしれない。
ダイヤルは前後二つ。
ボディ上面とのボタンの組み合わせもあり、
マニュアル操作でもすぐに思考を反映させることが出来る。
ただAF測定点変更の際は2ステップを踏むことになるので、
これを頻繁に行う人は手間を感じるだろう。

キットレンズであるsmc PENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL WRについて。

光学特性云々を語るつもりはない。
設計者の方々はその道の勉学に努めてきた筈だ。
素人が口を出しても滑稽なだけだと思っている。

このレンズならではという特徴としては簡易防滴構造が挙げられる。
K-7との組み合わせだと野外、崩れた天気の中での撮影で安心感が増す。
Pentax純正レンズ群に言えることだが、
AF操作後、切り替え無しでマニュアル操作移行できるのは大変に便利だ。
同社では「Quick-Shift Focus」と銘打たれている。
ただしDA18-55mmはその肝心のピントリングの感触は良くはない。
また、AF動作中ピントリングは回転するので指を添えないように気をつけなければならない。

K-7購入後、すぐ他のレンズを手に入れることになったが、それはまた別の機会に。

Home > カメラ・写真 > 巡り合わせ

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://skc1911.blog119.fc2.com/tb.php/5-52789935
Listed below are links to weblogs that reference
巡り合わせ from 乙女座の計画表
検索フォーム
リンク
RSSリンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。