Home > スポンサー広告 > 結像

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > 結像

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://skc1911.blog119.fc2.com/tb.php/45-8804e770
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 乙女座の計画表

Home > カメラ・写真 > 結像

結像

クリックで拡大します
レンズを購入した。

今回購入したのはPentax DA21mm F3.2AL Limited
これを加えることによって必要最低限の画角が揃ったという感じ。

現在手持ちのレンズは広角から中望遠まで5本
・Pentax DA21mm F3.2AL Limited
・Pentax DA35mm F2.8 Macro Limited
・Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
・Pentax DA70mm F2.4Limited
・Pentax D FA MACRO 100mm F2.8 WR

以下はそれぞれについて簡単に感想など。

・Pentax DA21mm F3.2AL Limited
クリックで拡大します

外見的特徴は何と言っても薄い。長さは25mmにしか満たない。
またこれはLimitedシリーズ全般に言えることだが、
鏡筒、フード、レンズキャップに至るまで全てアルミ削りだしの外装となっている。
レンズキャップの裏側にまで植毛してあるのはPentaxのこだわりだろうか。
最短撮影距離は0.2mで中々に寄れる。
解放だとピントの調整には気を遣う。
今のところの印象だと用いる時にはF4からになりそうだ。
専用のフードはバヨネット式。
フードと言うよりもむしろ枠といった様相。
フィルタを通常のように装着した場合、この専用フードは装着出来なくなってしまう。
もしフィルタと専用フードを併用したい場合には、フードの裏側に43mm系のフィルタを取り付けることになる。
画角は35mm換算で約32mm、日常的に使用できる広角レンズといった位置づけ。


・Pentax DA35mm F2.8 Macro Limited
クリックで拡大します

換算約53.5mmの標準レンズ。
フードは引き出し式で取り外し不可。
最短撮影距離は0.139m。
名前の一部にMacroを有していることからも分かるように最大倍率は1倍。
近接撮影時、解放から解像度は高く、周辺部まで確りと結像している。
AF合焦後から切り替えなしでMFでピントを調整出来るのはマクロ撮影時に便利(PentaxではQuick-Shift Focusと名前がついている)
しかし前玉はかなり迫り出すのでマクロ撮影時には少し注意。
クセが無く標準レンズとして使っていける。


・Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK
クリックで拡大します

一言で評せば、とても個性的。
外装はLimitedと同じく総金属製だが、Limitedが艶消し黒なのに対し艶を持った黒。
絞りリングを有しているが、ZKの場合A位置も用意されており、ボディから制御することが出来る。
故に露出モードも任意に選択することが可能で、マニュアル操作はフォーカスだけにも出来る。
そのフォーカスリングの操作感は極上の一言。しっとりとなめらかな動きだ。
画としては解放F値の1.4から5.6程までで性格が劇的に変化する。
解放の画は甘い。それがF4辺りまで絞ると人が変わったかのような解像度を発揮する。
この性格の変化を楽しむのも一興。


・Pentax DA70mm F2.4Limited
クリックで拡大します
換算で107mmと中望遠域のレンズだが、本体はコンパクト。
画角のイメージは「見たい物に意識を集中している」感じ。
解放から解像感は高く、安心して使用できる。
最短撮影距離は0.7mと長め。
フードは伸縮タイプ、着脱はネジ式。
使い始めは難しいと感じたレンズだが、今では信頼を寄せている。

・Pentax D FA MACRO 100mm F2.8 WR
クリックで拡大します

換算153mmの望遠マクロ。
外観はLimitedと同じく総金属製で作りがよい。
フードはプラスチック製となっている。
名称末尾のWRは簡易防滴構造を意味している。
Pentaxでは珍しく円形絞りとなっている(解放からF5.6まで)。
ボケ方は非常にスムーズで、マクロ用途だけでなく使用していける。
名称頭のD FAはイメージサークルがフィルムにも対応していることを意味し、
それ故K-7で用いた時はレンズ中央部の美味しい箇所だけ使うことになる。
なので解像度も解放から非常に高く、画の周辺部でも衰えない。

以下はPlanar T* 50mm、DA70mm、D FA MACRO 100mmの絞り値での違いを簡易にテストしたもの。
興味があれば拡大画像をどうぞ。

・Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK

クリックで拡大します クリックで拡大します

クリックで拡大します クリックで拡大します

クリックで拡大します クリックで拡大します

クリックで拡大します クリックで拡大します


・Pentax DA70mm F2.4Limited

クリックで拡大します クリックで拡大します

クリックで拡大します クリックで拡大します

クリックで拡大します クリックで拡大します

クリックで拡大します


・Pentax D FA MACRO 100mm F2.8 WR

クリックで拡大します クリックで拡大します

クリックで拡大します クリックで拡大します

クリックで拡大します クリックで拡大します

クリックで拡大します クリックで拡大します


こうして画角もカバーできるようになったので、撮影でご一緒できた諸先輩方や、
いつもブログやサイトで作品を拝見させて頂いている方々に少しでも近づけるために精進を重ねていきたいところ。
可愛く撮影してあげられるようになりたい。

クリックで拡大します

ちなみに、君の為じゃあないからなウサギよ

クリックで拡大します

Home > カメラ・写真 > 結像

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://skc1911.blog119.fc2.com/tb.php/45-8804e770
Listed below are links to weblogs that reference
結像 from 乙女座の計画表
検索フォーム
リンク
RSSリンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。