Home > スポンサー広告 > K-7 フォーカシングスクリーン交換

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > K-7 フォーカシングスクリーン交換

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://skc1911.blog119.fc2.com/tb.php/18-13c3b3b9
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 乙女座の計画表

Home > カメラ・写真 > K-7 フォーカシングスクリーン交換

K-7 フォーカシングスクリーン交換



K-7のフォーカシングスクリーンをME-60と言う全面マットのものに交換した。

デフォルトのフォーカシングスクリーンも決して悪いものではない。
ナチュラルブライトマット IIIというマット地の物が使われており、ピントの山もつかみやすい。

それでも今回交換したのはガイド線がうるさいと感じる場面があったからだ。
勿論ガイドが無くなれば水平・垂直を取る事や、構図の決定は難しくなる。
それでも撮る時の気持ちよさを想像して全面マットに交換してみた。

交換自体は大して難しいものではなかった。
フォーカシングスクリーンの押さえ板がどう固定されているのかさえ掴めれば5分も掛からない作業である。

交換してみての感想。
視野率100%のファインダーと合わせ、「見たそのものが写るもの」となる。
これがなんと気持ちの良いことか。

フォーカシングスクリーン交換の後、7月28日に公開されたファームウェア ver1.10へとアップデートしてみた。
今回の更新内容は
・動画編集機能(動画の分割と分割した動画の選択削除)
・画像モニターの撮影情報に電子水準器の追加
・マニュアル露出とX露出において、ファインダー内部表示と表示パネルで露出計表示と水準器表示の両立
・カスタムイメージに「リバーサルフィルム」の追加
・ライブビュー時のAF動作の変更と合焦速度の向上

ガイド線で水平を取る代わりに電子水準器が使いやすくなったことはありがたい。
ライブビューはあまり使用しないが、操作性と合焦速度が向上したことは素直に喜ばしい。

フォーカシングスクリーンの交換と合わせて一段と愛器に愛着が沸き、撮影が楽しくなった。

Home > カメラ・写真 > K-7 フォーカシングスクリーン交換

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://skc1911.blog119.fc2.com/tb.php/18-13c3b3b9
Listed below are links to weblogs that reference
K-7 フォーカシングスクリーン交換 from 乙女座の計画表
検索フォーム
リンク
RSSリンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。